交通事故死より薬物中毒死の方が多いアメリカ

アシスタントの沙織です。
Vol.14のリアルアメリカ情報でお届けした内容を紹介します。

皆さんは「オピオイド問題」って聞いたことありますか?
今アメリカで社会問題になっている、処方痛み止めを発端とした薬物中毒のことを指します。

■オピオイド問題

もともとは医者が処方する痛み止め「オピオイド」を常用的に服用していた人が、
その薬の中毒になりオピオイドなしでは日常生活を送れなくなってしまうということが相次ぎました。

しかし処方される薬は費用がかかる。
そこで街中で簡単に手に入るヘロインやコカインのような違法薬物(いわゆる覚醒剤)を代用するようになり、そこから抜けられない薬物中毒になってしまう。その結果、違法薬物の過剰摂取(オーバードーズ)で亡くなる方が後をたたないのです。

■交通事故より多い死者

今のアメリカでは銃で亡くなる人より、交通事故で亡くなるよりも、薬の過剰摂取で亡くなる人の方が多いという衝撃の事実があります。
National Institution on Drug Abuseの発表によると、アメリカでは毎日115人以上の人がオピオイドの過剰摂取で亡くなっていることになります。

<参考>
https://www.motherjones.com/politics/2016/09/opioid-charts-explainer/

■歴史上最悪

トランプ大統領も「オピオイドエピデミック」について語ったいましたが、
アメリカの歴史上最悪の死者数、その増加率だそうです。

しかも、10代、20代の若い層がこの問題の中心になっていたり、穏やかな中西部の州の中上級階級の家庭の人々がこの問題に苦しんでいたり。

リハビリ施設も定員オーバーが相次ぎ、順番待ちの為入れなかったりと行政も対応しきれていない状況です。

——-

ドキュメンタリーが数多く製作されているので、興味のある方はご覧になってみてくだいさい。
英語ですが、映像だけでも雰囲気は分かるかと思います。

この問題についていろいろ私も見たのですが、下記のものが1番分かりやすかったです。

HBOドキュメンタリー
『This Drug May Kill You』

他にもYoutubeのものを紹介します。

WSJ製作
『American Epidemic: The Nation’s Struggle With Opioid Addiction』

WOOD TV8
『Descent into opioid addiction captured on video』

さおり

アメリカの所得税

皆さんお元気ですか?アシスタントの沙織です。
Vol.13 のリアルアメリカ情報でお届けした内容を紹介します!

アメリカの確定申告

日本で言う確定申告はアメリカでは「タックス・リターン」と呼びます。
日本は会社でしてくれることもありますが、アメリカでは個人の責任なので皆自分で確定申告をしなくてはいけません。

ネット上で無料で出来るものや、会計士の方にお願いするなど、いろんなパターンがありますね。

アメリカの所得税

インカム・タックス(所得税)は州によってかなり異なります。

タックスファンデーションという行政期間が提供している2018年の州ごとの所得税がこちら

所得税の範囲は、1番低いのはノースダコタの2.9%、最も高いのはカリフォルニアの13.3%となっていています。日本と同じ累進課税なので、収入によっても金額が変わってきます。

高い順にいくと、カリフォルニアが圧倒的で13.3%、続いてハワイが11%、オレゴンの9.9%、やはりニューヨークも高く8.82%。

でもこれは所得税だけですから、他に州や連邦への税金もありカリフォルニアで給与明細をもらうと、1/4くらい持っていかれるくらいな気がしますね。
もぉおおおって感じですよね笑

所得税のない州

ただ逆に、全く所得税のない天国のような場所が7州存在するんです。
アラスカ、フロリダ、ネバダ、サウスダコタ、テキサス、ワシントンそしてワイオミング。

詳細はこちら

ニューヨーク、ロサンゼルス、シリコンバレーなどの両沿岸は、世界の大都市で利便性も高くビジネスには最適な場所ですが、
こうした税金を考えると他の州も魅力的ではないでしょうか?

以上、リアルアメリカ情報でした!
さおり

詳しくは、Vol.13の番組内でお話してるので聴いてくださいね♡

進化するUber(ウーバー)

こんにちは。さおりです。

いつもポッドキャストを聞いて下さってありがとうございます。

Vol.010: 瀬尾知弘さん(フードトラックオーナー)2/4」でのリアルアメリカ情報でお話しした、
「Uber(ウーバー)」についてこちらに詳細を書きますね。

■そもそもウーバーとは

自動配車アプリ及びウェブサイトのこと。ドライバーは許可を受けた一般の方。自身の車を送迎に使用し、利用者は事前にアプリで配車をリクエストし送迎してもらいます。

事前にクレジットカード情報を登録しておくのでその場で金銭のやり取りは全く発生しないんです。
何にも払わずに「サンキュー」と言って降りる感覚、なんだか不思議ですよね(笑)

■ウーバーの種類

ウーバーX

配車依頼した人もしくはそのグループに対し1台の車が迎えに来てくれて、目的地まで直行で送迎してくれます。
タクシーと同じシステムですね。

ちなみに、事前に行き先の住所も登録しておくので、車の中で行き先を伝える必要はありません。

ウーバープール

いわゆる、相乗りタクシー。
といっても最初から一緒に乗っていくわけではなく、行く方向が同じ人を2、3人拾ってから目的地に向かいます。

見知らぬ人が急に乗ってきていろんな話ができるのが面白いです。

ウーバーエキスプレスプール

これはつい最近スタートした新システム。
ウーバープールの進化版で、「ドライバーさんが拾いやすいところまで歩くからちょっと安くしてね」という相乗りウーバー。
いろいろありますね(笑)

相乗りの 2種類は通常のウーバーの金額の半分くらいなんです。
他の人もいるので時間もかかりますが、その代わり料金は安い!急いでいない時にはピッタリですよね。

—————-

私はアメリカに来てから実は一度もタクシーを使ったことがありません。
ロサンゼルス周辺はウーバーの数も多いので、旅行に来られる際は利用されることをオススメします!

以上、リアルアメリカ情報でした。

さおり

アメリカの有名マラソン大会

はじめまして。

「1%の情熱ものがたり」でアシスタントを務めているさおりです。

このポッドキャストは毎週配信されており、アメリカで頑張っている日本の方にパーソナリティのみつさんが取材しているインタビューがメインコンテンツ。そして後半の部分にアメリカから現地の最新ビジネス情報をお伝えする「リアルアメリカ情報」があります。

毎回様々な視点からお伝えしてるこのコーナーですが、番組内では伝えきれなかった部分や補足情報などをこのブログにて配信していくことになりました。

さて今回はVol.9の「リアルアメリカ情報」をお伝えします!

アメリカの有名マラソン大会

日本でも東京マラソンのように主要ないマラソンがいくつもありますが、アメリカにも各都市ごとに大きなマラソンがあります。

ホノルルマラソン

日本でも有名なハワイのホノルルマラソン。

大会当日の年齢が7才以上の人に参加資格がある、初心者でも参加しやすい大会です。特徴は時間制限がないこと。交通規制解除後は歩道を走るのですが、いろんな方が最後まで応援してくれるそうですよ。

アラモアナ公園をスタート、カピオラニ公園をゴールとし、世界的に有名なワイキキビーチ、ダイヤモンド・ヘッド、そしてハワイカイを巡る壮大なシーサイド・コースです。ダイヤモンド・ヘッド付近の短い坂以外は平坦だそうです。

ハワイの海風を感じながら走るのは最高ですね。

ホームページはこちら

ニューヨークシティマラソン

1958年にスタートしたこのマラソンは、毎年11月の最初の日曜日に開催されています。

5万人のランナーが一斉にニューヨークの街中を走り抜けます。プロフェッショナルランナーが世界中から集まるこのマラソンは参加抽選も高い倍率のようです。

ホームページはこちら

LAマラソン

世界50カ国以上、全米50州からランナーが集まるロサンゼルスマラソン。

2018ロサンゼルスマラソンではネットタイムで6時間30分の制限時間を設けられていました。

コースはドジャースタジアムをスタートし、ロサンゼルスダウンタウン、ハリウッド、ビバリーヒルズを通り、サンタモニカのビーチがゴール地点。

ロサンゼルスに住んでいる私からすると、あの観光名所が全て交通規制されて、路上を走れるのか!と純水に目が丸くなりました。すごいことです!

ホームページはこちら


他にもボストンやシカゴなど各年ごとに大きな大会が行われていますよ。また、日本からは旅行会社がマラソンへ参加するツアーを組んでいるので観光+マラソンもいいですね!

私は歩道で応援します!そうします。笑

以上、今回のリアルアメリカ情報でした。

さおり