エピソード

Vol.185: 八代江津子(ナンタケットバスケット協会代表) 1/4

「1%の情熱ものがたり」47人目のインタビュー、最初のエピソード。 ナンタケットバスケットの職人でありながら、会社経営や驚くほど様々な組織運営をしていらっしゃるスーパーウーマン。と聞くといかにもパワフルなイメージですが、お話しぶりや佇まいがとっても柔らかく、気品と笑顔の溢れるなんとも魅力的な女性。そして一貫してそこにある大切な想い。そんな江津子さんの「大きな愛」を感じる素敵なものがたり。 ボストンから日本を見つめて、そして世界を見渡す大きな視野。ナンタケットバスケット、日本祭りや映画祭。そこに通底しているものがあるからこそ、様々な活動が繋がっていくんですね。「考えてみよう」と素直に感じるエピソード。
リアルアメリカ情報

アマゾンの実店舗

アシスタントのさおりです。 Vol.184のリアルアメリカ情報でお届けした内容を紹介します。 アマゾンフレッシュ アマゾンはオンラインだけではなく、様々な実店舗も経営しています。その一つがこちら。 https://www.aboutamazon.com/news/retail/introducing-the-first-amazon-fresh-grocery-store
エピソード

Vol.184: 芳田訓晴(書道アーティスト&ヒップホップダンサー) 4/4

ブラックフライデーでセールのニュースレターがたくさん来る中、件名 "Just Another Friday" で来たメール。セールは無し、いつも質の高い商品をフェアな料金で提供しています、というメッセージに粋だなぁと感じた板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」46人目のインタビュー、最終エピソード。 書道アーティスト、ヒップホップダンサー、そしてアメリカでの日本語教師。肩書きを聞いただけでワクワクしませんか?一見、遠いように感じる三つの活動軸。それぞれ真剣だからこそ見えてくるもの。自分の体や精神と向き合い、自然に触れ歴史や伝統・文化を知ることが、新しい未来への礎になるんだと、そんな学びをたくさんもらえるクニさんの素敵なものがたり。 ”寄り道” をすること、他の誰でもない自分で発見したものを持ち寄るっていうお話。心から共感すると同時に、そうやって楽しんで生きていたいと改めて思いました。「温故知新」そして、世界へ。クニさんの挑戦とご活躍を心より楽しみにしています。
リアルアメリカ情報

日本とアメリカの違い?日本ってこうだった!

アシスタントのさおりです。 Vol.183のリアルアメリカ情報でお届けした内容を紹介します。 丁寧な接客 日本に帰るたびに感じるのが「日本の接客は丁寧だなぁ」ということ。 特に飛行機内ではより強く思いますよね。 米系の飛行機に乗った時「Chicken or Beef????」と半ギレで聞かれるだけです。笑 日系の場合はChickenを頼みたかったのにBeefしか残っていなかった場合、何度も謝られるのです。そんなに謝らなくても良いですが、優しいなぁと思う。
エピソード

Vol.183: 芳田訓晴(書道アーティスト&ヒップホップダンサー) 3/4

やりたいことがたくさんあって時間が足りないと思ってたけど、時間ができたとしてもその分やりたいことが増えてしまうので結局のところ死ぬまで時間が足りないって言ってんのかなとふと思った板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」前回に引き続き、46人目のインタビュー。 書道アーティスト、ヒップホップダンサー、そしてアメリカでの日本語教師。肩書きを聞いただけでワクワクしませんか?一見、遠いように感じる三つの活動軸。それぞれ真剣だからこそ見えてくるもの。自分の体や精神と向き合い、自然に触れ歴史や伝統・文化を知ることが、新しい未来への礎になるんだと、そんな学びをたくさんもらえるクニさんの素敵なものがたり。 自分のアイデンティティーや存在意義を考える時。それを知るためにいてくれる大切な人たちへの感謝を知る。そんな時こそが人間が一皮剥けて成長するタイミングなのかなぁ。今回も学びの多いお話でした。
リアルアメリカ情報

アメリカ・インターン生のリアルな声:Sakurai Ayaさん in ニューヨーク

アシスタントのさおりです。 Vol.182のリアルアメリカ情報でお届けした内容を紹介します。 プレミアムスポンサー:SKYUS様の提供という形で、短期&長期インターン生やOPTの方々にインタビューをしてリアルな声をお届けしております!今日のゲストスピーカーは、ニューヨークにあるアパレルショップでOPT経験をされたSakurai Ayaさんです。
エピソード

Vol.182: 芳田訓晴(書道アーティスト&ヒップホップダンサー) 2/4

楽しみにしていたイベントがまた延期、理由はおそらくここアメリカで起こっている物流問題。。色々あるけど良い波が来てることだけでハッピーな板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」前回に引き続き、46人目のインタビュー。 書道アーティスト、ヒップホップダンサー、そしてアメリカでの日本語教師。肩書きを聞いただけでワクワクしませんか?一見、遠いように感じる三つの活動軸。それぞれ真剣だからこそ見えてくるもの。自分の体や精神と向き合い、自然に触れ歴史や伝統・文化を知ることが、新しい未来への礎になるんだと、そんな学びをたくさんもらえるクニさんの素敵なものがたり。 虫博士になりかたった少年が、書道、バスケットボール、ダンスを通して色んなものを感じた。そして運よく手に入れたアメリカ永住権という最強カード。そんなクニさんのワクワクする未来を感じるエピソード。
リアルアメリカ情報

アメリカから日本への入国事情(10月2021年)

アシスタントのさおりです。 Vol.181のリアルアメリカ情報でお届けした内容を紹介します。 パンデミックでなかなか日本に帰れていなかったので、約2年ぶりに日本に帰りました! でもやはり、コロナ(COVID-19)の制限が多くいろいろと書類の準備が大変でした。 飛行機に乗る72時間前にコロナのテストを受ける。しかも日本政府指定の紙でなくてはいけないので探すのが大変。金額も$150くらいかかりました。涙 そして羽田についてまたコロナテスト。そして10個ほどのブースを通り、それぞれのブースで様々な資料や誓約書を確認。1時間程。 コロナ陰性を確認してやっと日本上陸!
エピソード

Vol.181: 芳田訓晴(書道アーティスト&ヒップホップダンサー) 1/4

冬が近づき太陽の登る角度が低くなって、育てているレモンの木にあまり日光があたらなくなったことが最近の小さな悩みとなっている板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」46人目のインタビュー、最初のエピソード。 書道アーティスト、ヒップホップダンサー、そしてアメリカでの日本語教師。肩書きを聞いただけでワクワクしませんか?一見、遠いように感じる三つの活動軸。それぞれ真剣だからこそ見えてくるもの。自分の体や精神と向き合い、自然に触れ歴史や伝統・文化を知ることが、新しい未来への礎になるんだと、そんな学びをたくさんもらえるクニさんの素敵なものがたり。 いや〜、本当に多才であり多彩。そして、どの活動にも情熱がある。きっとダンスをする時だって大切なのは体幹。基礎やぶれない軸があってこそ、枠を外したり新しい挑戦ができるんですね。いろんな角度で面白く興味深いエピソードです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました