エピソード

Vol.206: 河野竜夫(コンサルタント:株式会社コンテンツラボ )特別編 2/4

実は数年ぶりの風邪をひいてしまいここ数日寝込んでおります。振り返れば今年は前半バタバタしっぱなしだったなぁ。皆様も健康第一、しっかり休みましょう!な板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」前回に引き続き、52人目のインタビュー(特別編)。 対象がほぼ海外在住日本人の起業家という特異性を活かしたオンラインビジネスの経営コンサルタント。僕にとって人生やビジネスの大先輩であり、サーフィン仲間であり、大切な友人と思える人。脱サラ&独立起業を果たし、経営が苦しい時期や不安があることも赤裸々に話せるその誠実さに救われる人も多いのでは?そして今、新たに思い描く「自由」を胸に躍進する河野さんの素敵なものがたり。 ある意味大人だったのか、いわゆる「夢」を語り追いかけるような生き方をしてこなかったとという河野さん。サラリーマンとしての生活を送る中で芽生えてきた何か、そして衝撃的に気づいたこと。独立起業を果たし逞しく生き抜いてきた起業家の素敵なストーリーです。
エピソード

Vol.205: 河野竜夫(コンサルタント:株式会社コンテンツラボ )特別編 1/4

日本の皆様はゴールデンウィークを満喫している頃でしょうか?ここロサンゼルスは晴天&素晴らしいスウェルが来ておりテンション上がってしまってる板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」52人目のインタビュー、今回は特別編!最初のエピソード。 対象がほぼ海外在住日本人の起業家という特異性を活かしたオンラインビジネスの経営コンサルタント。僕にとって人生やビジネスの大先輩であり、サーフィン仲間であり、大切な友人と思える人。脱サラ&独立起業を果たし、経営が苦しい時期や不安があることも赤裸々に話せるその誠実さに救われる人も多いのでは?そして今、新たに思い描く「自由」を胸に躍進する河野さんの素敵なものがたり。 確かに!お話しを伺っていてM&Aの考え方や可能性ってたくさんあるなぁと改めて思いました。そしてインターネットビジネスのプロとして意外な情報収集方法のお話など、なるほどぉ!ってなるエピソード盛りだくさんです。
番外編

番外編 08:Tippsy 伊藤元気さんに再インタビュー!の巻

日本からロサンゼルスに戻って3日目。絶賛時差ぼけ開催中ではありますが、やるべきことはたくさんあって眠い自分と闘いながらなんとかこれを書いている板倉です、こんにちは。 番外編:08は、ちょっと新しい試み。2019年12月にインタビューをさせていただき、Vol.93 〜 Vol.96 の4回にわたって配信させていただいた日本酒のEコマース:Tippsy, Inc.の伊藤元気さんに、続編ということで再インタビューをさせていただきました。 と言うのもこの度、元気さんがPIVOTという日本の新しいアプリメディアの投資ドキュメンタリー番組ANGELS(エンジェル投資家としても活動する本田圭佑氏、および国内外の一流投資家たちに起業家がプレゼンし投資を獲得する場を提供するリアルドキュメンタリー)に出演し、見事な結果を残されたこともあり、その時の様子や心境を聞いてみたい!と思ったからです。
リアルアメリカ情報

スマートリングが大人気

アシスタントのさおりです。 Vol.204のリアルアメリカ情報でお届けした内容を紹介します。 ウェアラブル系付けてますか? 私はアップルウォッチの愛用者で、毎日毎日とても重宝しております。皆様は何かつけていますか?最近はスマートリングが人気のとのこと。写真はCESの時に試着したものです。
エピソード

Vol.204: 浅野麻里(Social Scientist / コーディネーター:ロス・アンデス大学 日本センター) 4/4

何年ぶりかで会ったとしても一瞬で昔のような顔に戻って笑い合える友達がいてくれること。Life is Good. と思える最高の時間の余韻に浸りつつこれを書いてる板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」51人目のインタビュー、最終エピソード。 ”国際的な視野を持ちグローバルに活躍できる人材”、まさにそんなフレーズがぴったり。南米コロンビアと日本をつなぐ架け橋になるべく、育ってきた環境と世界中で学んだたくさんの経験値をフル活用。自分への挑戦だからこそ悔し涙の跡をまったく感じさせない元気な言葉たち。そんな麻里さんの素敵なものがたり。 幸せとは?成功とは?大きく描くビジョンと、目の前の人を実際に助ける行動。両方があってこそリアリティを感じられるはず。そして、常に現実を受け止めながらも未来を明るく捉える力を得るためのヒントが詰まったエピソード。
リアルアメリカ情報

アメリカの展示会事情 2022

アシスタントのさおりです。 Vol.203のリアルアメリカ情報でお届けした内容を紹介します。 新型コロナの影響でバーチャルのみでの開催が多かったアメリカでの展示会ですが、やっと開催が増えてきました。
エピソード

Vol.203: 浅野麻里(Social Scientist / コーディネーター:ロス・アンデス大学 日本センター) 3/4

ホームとは気づけばそこにあって、世界へ飛び出すまでの準備をさせてくれる温かい場所であり、時々羽休めをさせてくれる世界で一番安心できる場所なんだなと郷愁に耽る板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」前回に引き続き、51人目のインタビュー。 ”国際的な視野を持ちグローバルに活躍できる人材”、まさにそんなフレーズがぴったり。南米コロンビアと日本をつなぐ架け橋になるべく、育ってきた環境と世界中で学んだたくさんの経験値をフル活用。自分への挑戦だからこそ悔し涙の跡をまったく感じさせない元気な言葉たち。そんな麻里さんの素敵なものがたり。 文化や考え方、そして言語まで違っていればチームとしてプロジェクトをまとめていくのも容易ではなく時に怒りたくなることもある。そんな時「伝えたいメッセージは怒りではない」と思えるか否か。未来を見据えて動く麻里さんからのハッピーな働き方を創る秘訣的エピソード。
リアルアメリカ情報

アメリカ・コミュニティカレッジ・テニス留学生のリアルな声:石川瑛大さん in カリフォルニア

様の提供という形で、短期&長期インターン生やOPT、留学生の方々にインタビューをしてリアルな声をお届けしております!今日のゲストスピーカーは、カリフォルニア州Palm Desertでのコミュニティカレッジにてテニス留学体験中の石川瑛大さんです。
エピソード

Vol.202: 浅野麻里(Social Scientist / コーディネーター:ロス・アンデス大学 日本センター) 2/4

尽きない社会問題のことを考えることやその解決のために行動することも大切だけど、世界には面白いことがたくさんあってそれをしっかり楽しむことも同じくらい大切だと思う板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」前回に引き続き、51人目のインタビュー。 ”国際的な視野を持ちグローバルに活躍できる人材”、まさにそんなフレーズがぴったり。南米コロンビアと日本をつなぐ架け橋になるべく、育ってきた環境と世界中で学んだたくさんの経験値をフル活用。自分への挑戦だからこそ悔し涙の跡をまったく感じさせない元気な言葉たち。そんな麻里さんの素敵なものがたり。 「世界に通じる名前を」というご両親の想いをしっかりお返しするかのように、世界の多様な文化に触れ、人間の幅を広げ続けていく麻里さん。異文化での実体験や人とのコミュニケーションが共感力を鍛える一番の方法だと気付かされます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました