アメリカの祝日、連休

アシスタントの沙織です。
Vol.21のリアルアメリカ情報でお届けした内容を紹介します。

休日の写真

アメリカの法律で決められている連邦の祝日は下記の通りです。

  • New Year’s Day (January 1)
  • Birthday of Martin Luther King, Jr. (Third Monday in January).
  • Washington’s Birthday (Third Monday in February).
  • Memorial Day (Last Monday in May).
  • Independence Day (July 4).
  • Labor Day (First Monday in September).
  • Columbus Day (Second Monday in October).
  • Veterans Day (November 11).
  • Thanksgiving Day (Fourth Thursday in November).
  • Christmas Day (December 25)

参考

■アメリカの連休

日本とのやり取りが多い会社の方々は、「日本はゴールデンウィークで・・・」「シルバーウィークで・・・」と良く口にされてうらやましがっていますね。

というのも、アメリカはみんなで一斉に休む長い連休がないんです。一番長いものが、11月の感謝際/Thanks Givingの3連休や、クリスマス周辺でしょうか。

年間で一番大きな休日はクリスマスで、逆に年末年始は普通に31日まで働くので、お正月感はないですね。

■4th of July

ちなみに7月4日はアメリカの独立記念日で「ジュライスフォース/ フォースオブジュライ」と呼ばれており、花火でお祝いをします。

夏といえば花火、花火大会が日本では一般的ですが、カリフォルニア州では市ごとに花火の規制があり、花火をすることが違法になる市も多くあります。

日系企業が多く集まるTorrance市やLos Angeles市も花火は禁止。っといっても打ち上がっていますが。笑

私の住んでいる市は花火OKなので、道の真中や庭や屋根やいたるところで打ち上げていました。4、5時間花火大会が住宅街で続いている光景は初めてみたので、感動でした。ただ、7月4日の夜は夜中まで眠れません。笑

以上、リアルアメリカ情報でした。

さおり

コメントを残す