アメリカ国内の時差に注意

アシスタントの沙織です。
Vol.24のリアルアメリカ情報でお届けした内容を紹介します。

全米の企業を対象に仕事をしているといつも混乱するのが、国内の時差!

国全体が同じ時間を使用している日本で育った身からすると、不思議な感じですよね。

下記の画像などで説明しているこちらのページの解説がとても分かりやすいです。

アメリカの時差

ハワイとアラスカを除いた、大陸だけでも4つの時間帯があります。

ロサンゼルスとニューヨークは3時間も時差があるので、ニューヨークのお客さんから朝7時に電話がかかってきて驚くなんてことはよくあります。ロサンゼルスで朝7時でも、ニューヨークでは10時ですもんね。

さらにサマータイムがあるので、「あれ、1時間違う!ミーティングがずれる!」といったことも多々。笑

アメリカとオンラインミーティングする際などは、相手がどのタイムゾーンにいるかを確認する必要がありますね。

以上、リアルアメリカ情報でした。

さおり

コメントを残す