空港セキュリティチェック

最新のアメリカ税関審査

アシスタントのさおりです。
Vol.93のリアルアメリカ情報でお届けした内容を紹介します。

空港セキュリティチェック

先日日本への帰省から戻ってきた際、ロサンゼルスの税関審査が厳しくなっている!と感じたので、シェアします。

アメリカの入国審査の流れ

外国の空港に着陸すると、様々な審査が待っていますよね。

1、移民局の審査

まずは移民局の入国審査を受けます。パスポートを出してインタビューされ、「何の目的か」「どこに滞在するのか」「いつまでいるのか」などを聞かれます。なんでそんなに怖い顔で聞くの?というくらい鋭い眼光で質問されますが、みんなそうなので落ち着いて答えましょう(笑)

2、税関の審査

その次は、税関審査で関税の申請を行う場所です。飛行機の中がで配られる長細い税関申告書を提出して、簡単に終わることが多かったのですが、今回は二次審査に連れて行かれ、スーツケースをもう一度X線に通すことに。初めてだったので、ドキドキしましたがスーツケースを開けることもなく終了。

ただ、私以外の多くの人もその二次審査に連れて行かれていたので、いままでより入国の際の荷物検査を厳しくなっているなーと感じました。

アメリカ入国の際は、荷物検査を開けられてもいいように準備しておくといいですね。っといっても荷物を詰めることで精一杯ですよね。笑

以上、リアルアメリカ情報でした。
さおり