Vol.132 1%の情熱ものがたり:高橋 雄宇(NASA / JPL ナビゲーションエンジニア)

Vol.132: 高橋 雄宇(NASA / JPL ナビゲーションエンジニア) 4/4

ここアメリカは11月の大統領選挙に向けて騒々しい感じですが、日本の皆さんは紅葉の季節を楽しんでいる頃でしょうか?今とっても日本に遊びに行きたい板倉です、こんにちは。

「1%の情熱ものがたり」33人目のインタビュー最終エピソード。高校二年生の時、NASA / JPLの火星ローバーミッションにより感じた衝撃と衝動が、憧れとなり今も変わらず人生の推進力となっているという雄宇さん。日本からアメリカに渡り、外国人というハードルを越えて手に入れたポジション。その情熱が少しでも多くの人に届け!と心底思う、そんなものがたりです。

好きなことを貪欲に追求する。一見簡単なように見えますが、自分が本当に好きなことに出会いそれをとことん追求し続けることはきっと簡単ではないはず。いろんな誘惑に負けそうになったり、ついつい楽な道を選びがちですよね?夢に近づくためのヒントとなるような雄宇さんからのメッセージがたくさんの人に届きます様に。

それでは、お楽しみください!

Vol.132 1%の情熱ものがたり:高橋 雄宇(NASA / JPL ナビゲーションエンジニア)

▼Show Notes 4/4

Vol.132
・普通に生きてられれば幸せです
・世界にはコントロールできないことがある
・知らないことを知るを努力し継続する
・できる時にできるマックスで挑む
・常に難しい道を選択、そして毎日の積み重ね
・中高生向けセミナーでのキャリアのお話
・宇宙に行きたいですか?YES
・経験があるなしで大きく違う
・新しい挑戦からの可能性は逃したくない
・楽しく学べる先生がいるといい
・エッセンスだけ欲しいから映画を早回しで見るタイプ
・映画を見ても撮影技術とかが気になってしまう
・好きなことを見つけられれば一番の財産になる
・知らないことすらも知らない
・好きな方向で貪欲に
・洗脳されないように満遍なく知識を得る
・The distance between you and your goal is action.
・行動だけが全てを変える
・きっと半分以上の人が動いていない
・動き出さなければゴールまでの距離は埋まらない
・2021年2月に火星ローバーの着陸予定

収録場所:ロサンゼルス ⇄ コロラド・ボルダー @ZOOM

>リアルアメリカ情報
・歴代最高気温のデスバレー

*1〜2時間ほどインタビューさせて頂いた内容を、
4回にわたり配信(アメリカ時間で毎週金曜)しています。


▼Interviewee Profile

高橋 雄宇 / Yu Takahashi
ナビゲーションエンジニア
NASA / JPL
https://note.com/yu_astro

1986年生まれ。東京都東久留米市出身。親の転勤により4歳よりシンガポールへ移住。日本人幼稚園・小学校に通い卒業までの8年間を過ごす。帰国後は東久留米市に戻り地元の中学、そして国際基督教大学高校に通いながら部活に明け暮れる6年を過ごす。高校二年生の時に打ち上がったJPLの火星ローバーミッションに憧れ2004年よりアリゾナ州の田舎町へ学部留学。卒業後コロラド大学大学院へ進学し、2013年に博士号を修了。同年よりJPLにてナビゲーションエンジニアとして小惑星ミッション、木星ミッション等に関わっている。今まで関わったミッションは準惑星ミッションDawn、木星ミッションJuno、小惑星サンプルリターンミッションOSIRIS-REx、エウロパ着陸機Europa Lander。