Vol.008: 炭川純代さん(園長、ファウンダー)4/4

みなさん、こんにちは。
今年の日本は早めに桜が開花するそうですね〜、恋しいです!お花見に行きたい。。。
さて、今回の「1%の情熱ものがたり」は、炭川純代さんのインタビュー、最終回となります。

アメリカで運営していらっしゃるモンテッソーリ国際学園の園長としての仕事哲学。子供達のみならず先生たちへの接し方、働き方。教育に携わる方はもちろん、「人の成長」に関心のある方は必聴です!

それでは、お楽しみください!


▼Show Notes 4/4
・仕事をしていて誇りに思う時、嬉しい時
・成長している姿
・私たちはどうなの?
・お互いに高めあえる関係
・仕事哲学って何ですか?
・その時を生きる
・子供にとっての大きな一言
・継続している運動の目的?
・今後の目標やビジョン
・日本の教育
・若い世代にメッセージ
・成功体験のお話

収録場所:アメリカ・カリフォルニア・サンタアナ
—————–
▼小話
・Lunar New Year / 旧正月

▼リアルアメリカ情報
・アメリカは進んでる?遅れてる?

*1時間ほどインタビューさせて頂いた内容を、
4回にわたり配信(アメリカ時間で毎週金曜予定)しています。


▼Interviewee Profile
炭川純代 / Sumiyo Sumikawa
園長、ファウンダー
モンテッソーリ国際学園:http://www.monteintel.org

日本にてモンテッソーリ教師の資格を取得。幼稚園教諭として幼稚園に5年間勤務。その後、更にモンテッソーリを学ぶために渡米。American Montessori Society (AMS) 認定の幼児及び小学部の資格を取得し、Casa Montessori School にて3-6歳児のクラス担任として7年間勤務。2003年 University of California Los Angeles、で心理学学士号取得。行動療法士として自閉症児の支援をし、その活動の一環として、自閉症やその他の障害をもつ子どもたちにミュージカル“Cats”を指導。障害児とその兄弟姉妹たちで結成した“Miraclecats”のディレクターを務める。2009年College of St. Catherineにて教育学の修士号取得。2010年コスタメサ市に英語と日本語のバイリンガル教育の幼稚園、モンテッソーリ国際学園開園。現在、はサンタアナ市でモンテッソーリ国際学園初等科プログラムとして幼稚部に隣接している校舎のディレクターを務める。公益財団日本モンテッソーリ総合研究所研究員。カサモンテッソーリスクール(ノースリッジ・ロサンゼルス)役員。