SNSマーケティングに変化:IGTV

アシスタントの沙織です。
Vol.22のリアルアメリカ情報でお届けした内容を紹介します。


https://instagram-press.com

フェイスブック、インスタグラム、ツイッターなどなど、ソーシャルメディアはたくさん種類がありますよね。中でも動画の世界に激変をもたらす新しい機能を、先日Instagramが発表しました。

■IGTVって?

IGTVについて解説している記事

いままでのInstagramは短い動画しか投稿できませんでしたが、IGTVでは長時間の動画を投稿できるようになりました。Youtubeのような感じですね。

しかし、ここに大きな変化が!今での動画と違うのは、「横」ではく「縦」の動画という点。

「モバイルファースト」とInstagramのCEOは言っていましたが、

テレビや映画のように横長の動画ではなく、携帯で録画したものを携帯を横に向けずにそのまま見れるように、縦サイズのテレビ、動画投稿機能なんです。っということは、、、ドラマや映画も近い将来縦サイズのものになるんでしょうか。

■SNSは何が使われているの?

世界的に見ても圧倒的にFacebookの利用者が多いですね。

下記の調査によると、1位は圧倒的にFacebook、2位はYoutube、3位はWhatsAppとなっています。

日本では多く利用されていて、アメリカの政治家も多く利用しているTwitterの利用者があまり多くないのが驚きですね。

Statistic: Most famous social network sites worldwide as of April 2018, ranked by number of active users (in millions) | Statista
Find more statistics at Statista

===

SNSのマーケティングはとにかく種類が多いので、ターゲットとする国で多く使われている種類のSNSを解析したり、ターゲットとなる年齢層や性別を決めて行うことが重要になりますね。

以上、リアルアメリカ情報でした。

さおり

コメントを残す