fbpx
Vol.143 1%の情熱ものがたり:リチャードソン幸(3Dアニメーター)

Vol.143: リチャードソン幸(3Dアニメーター) 3/4

今日は朝からZOOMでのセッション(ビジネス講座のレクチャー的なもの)があり、やっぱり教えることで気付けたり学ばせてもらうんだなぁと改めて実感した板倉です、こんにちは。

「1%の情熱ものがたり」前回に引き続き、36人目のインタビュー。
あのシリコンバレーの最前線。”動きのスペシャリスト” と呼ばれる3Dアニメーターとして活躍しながら、子育てもこなしつつ、ポッドキャスト番組運営や趣味のウクレレ、オカリナ演奏などなど!まさにマルチタレントでパワフルなみゆきさん。声から伝わるエネルギー、聞いてるだけで元気をもらえる楽しく素敵なものがたりです!

自分の仕事の成果やユーザーからの反応が直接見れるって面白い!みゆきさんの仕事哲学やモチベーションの話、明るく楽しいお話しなんですがとっても深くて愛情すら感じるなぁなんて思いました。「好きなものが見つからない?」「やりたいことが分からない?」そんなあなたは必聴のエピソードです。

それでは、お楽しみください!

Vol.143 1%の情熱ものがたり:リチャードソン幸(3Dアニメーター)

▼Show Notes 3/4

Vol.143
・仕事をしていて嬉しい瞬間は?
・ゲームをやってる人の反応が見れる
・ファンの人からの手紙
・リアルな反応が見れる楽しさ
・Broken Age
・キックスターターで資金を集めたプロジェクト
・RADというゲーム
・楽しいと思えることをしっかりやる
・好きなことしかできない
・なんでも面白がるスキル
・やりたいことが分からない?
・アニメーションのクラスや就活サポート
・どうやって「好き」を見つけるか?
・自分でハードルを上げてしまってないか
・単純なことでも追求していくと好きがある
・子供の頃に出会った作品の影響
・両親と一緒にゲームをしたり
・AKIRA、少女漫画も両親に勧められた
・アート系の本も家に多かった
・「ゼルダの伝説」が思い出のゲーム
・お父さんも音楽、楽器が好き
・いつかバンドもやってみたい
・知らないことがあるのが楽しい
・知ることが生きるモチベーション
・やりたいことが多過ぎて時間が足りない
・エネルギーが出ない時もある
・やる気が出ない時は何もしない
・締め切りまだやらないタイプ

収録場所:ロサンゼルス ⇄ サンノゼ @ZOOM

>リアルアメリカ情報
・プリウスのある部品が盗まれる

関連リンク:
JAPAN PODCAST AWARDS 2020
是非、「リスナー投票はこちら」から投票お願いします!

*1〜2時間ほどインタビューさせて頂いた内容を、
4回にわたり配信(アメリカ時間で毎週金曜)しています。


▼Interviewee Profile

リチャードソン幸 / Miyuki Richardson
3Dアニメーター
https://maruyamamiyuki.wixsite.com/portfolio
https://anchor.fm/miyuki-maru

1986年東京生まれ。3Dアニメーター。現在はサンフランシスコのゲーム会社、Double Fine ProductionsにSenior Animatorとして勤務。
高校卒業後にアニメーションを学ぶ為に渡米、北カリフォルニアのコミュニティカレッジDe Anza Collgeを卒業後、四年制大学San Jose State Universityのアニメーション・イラストレーション科に編入、卒業。コネチカット州の小さなスタジオでアニメーターのキャリアをスタートし、転職、現在に至る。アート全般に興味があり短編アニメーション映画作りにも精力的に参加。アカデミー賞ノミネートのThe Dam Keeperも少しではあるが手伝う。現在も2Dの短編アニメーション映画を友人と共同監督で制作中。アニメーターとして働く傍らオンラインスクールで教鞭をとったり趣味でポッドキャストをやったりと興味の幅は広い。一児の母。


1%の情熱ものがたり(ブログ):https://podcast.zerohachirock.com

番組へのお便り&リクエストをお待ちしてます!こちらからどうぞ