Vol.012: 瀬尾知弘さん(フードトラックオーナー)4/4

みなさん、お元気ですか?
日本はゴールデンウェークに突入?!ってことで、お休みに入っちゃう前にと思って少し早めに配信します!

第12回目になる「1%の情熱ものがたり」、
LuckDish Curry(フードトラック)の瀬尾知弘さんのお話、今回が最終回となります。

35歳で起業。初めてのフードトラックビジネスで苦難の道を歩みながらも、今では行列のできる有名店として営業をする瀬尾さんの仕事哲学と情熱、今後のビジョンやこれから活躍するあなたへのメッセージを伺っています。

それでは、お楽しみください!


▼Show Notes 4/4
・あなたの仕事哲学って何ですか?
・スタッフとのコミュニケーション
・意識して習慣づけしていることはありますか?
・他人と比較しない、過去の自分と今の自分
・今後の目標やビジョンについて
・海外に出る日本人を増やしたい
・誰もやってないことをやる
・チャレンジと失敗はセット

収録場所:アメリカ・カリフォルニア・トーランス
—————–
▼リアルアメリカ情報
アメリカ進出している日系企業数など
https://www.jetro.go.jp/world/reports/2017/01/bb8982ab60be7a06.html

*1時間ほどインタビューさせて頂いた内容を、
4回にわたり配信(アメリカ時間で毎週金曜予定)しています。


▼Interviewee Profile
瀬尾知弘 / Tomohiro Seo
フードトラックオーナー
LuckDish Curry:http://www.luckdish.com

広島県尾道市出身。24才での語学留学をきっかけに渡米生活開始。TV制作会社や出版社での営業経験を経て2012年にLuckDish Curryのフードトラックをオープン。1969年のビンテージエアストリームを改造したフードトラックはロサンゼルスで唯一。日本のカレーをカレータコスやカレーブリトーなど現地のお客様に受け入れてもらえるようアレンジしながらサンタモニカやロサンゼルスダウンタウン周辺を中心的に営業活動中。


1件のコメント

  1. IDeals より: 返信

    それはとても面白いです!あなたは良い仕事をしています!それは最高です!ありがとう!

コメントを残す