Vol.013: 出馬千絵さん(フィギアペインター)1/4

みなさん、お元気ですか?
日本は、今頃ゴールデンウィークの真っ最中ですね。

電車や新幹線、飛行機や車など移動中の車内でこの番組を聞いてくれると嬉しいです。僕は愛犬との散歩中にもポッドキャストを聞いたりしていますよ〜。

さて、「1%の情熱ものがたり」4人目のインタビューとなる今回は、アメリカのコレクターズフィギアの老舗:SIDESHOW Collectiblesで、フィギアペインターとして活躍していらっしゃる出馬千絵 / Chie Izumaさんにお話を伺いました。

コレクターズフィギアって何?というところから、フィギアができるまでのお話。そして、千絵さんの実際の仕事内容なんかを伺っております。

それでは、お楽しみください!


▼Show Notes 1/4
・千絵さんのお仕事に関して
・コレクターズフィギアとは?
・フィギアペインターとしての役割
・千絵さんのポジション
・業務内容と仕事のやり方

収録場所:アメリカ・カリフォルニア・サウザンドオークス
—————–
▼リアルアメリカ情報
・アメリカの所得税
https://taxfoundation.org/state-individual-income-tax-rates-brackets-2018/
https://www.thebalance.com/states-without-an-income-tax-3193345

▼参考Link
SIDESHOW Collectibles
https://www.sideshowtoy.com

*1時間ほどインタビューさせて頂いた内容を、
4回にわたり配信(アメリカ時間で毎週金曜予定)しています。


▼Interviewee Profile
出馬千絵 / Chie Izuma
フィギアペインター
SIDESHOW Collectibles
https://www.sideshowtoy.com

三重県伊勢市出身。幼少時代から絵を描いたり、物を作ることに興味があった。高校卒業までを地元で過ごし、18歳で留学渡米。 語学学校に1年間通った後、アート専攻でLos Angeles City College入学、その後 California State University, Long Beach校へ編入。大学生時代に様々なアート活動やイベントに参加し、アメリカ文化やアート全般を学ぶ。2006年、コレクターズフィギアの製造・販売会社:Gentle Giant Studios / 3D Systemsに就職。マスターフィギアを創る最終工程であるペイントを担当し10年間勤務、技術を磨く。出産を機に、現在の勤務先であるSIDESHOW Collectiblesに転職。ペインターとしてスターウォーズやバットマン、ディズニーキャラクターなどの作品を手がける。特に人肌の塗装技術を得意としている。


コメントを残す