エピソード

エピソード

Vol.197: 斎藤秀人(Family Medicine Doctor) 1/4

パンデミック後、初。数年ぶりの州外出張でちょっと緊張しつつ、しかも極寒のシカゴ入りをしているはずですがなんとか楽しんで仕事できてるといいなぁ。と思う板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」50人目のインタビュー、最初のエピソード。 ファミリーメディスンドクターやプラマリケアフィジシャンとも呼ばれる家庭医。古来からずっと変わらずに人々に最も必要とされる仕事の一つ。家系で受け継いだ職業だとしても、生き方に関しては自らの考えを貫き通すかっこ良さ。患者との関わり方や学びをやめない向上心に仕事人の心意気を感じる、秀人さんの素敵なものがたり。 サンタモニカから海岸線を流して出勤する医者!なんつーかっこいいんだ。そしてかっこいいだけじゃなく、仕事のための勉強や語学の勉強が好きと言う向上心も持ち合わせる。なんとも自然体で話しやすい語り口にも注目です。
エピソード

Vol.196: 山室美和(代表 / インテリアデザイナー) 4/4

えー!もう2月も終わりか。世界が不穏な空気で揺れている今日この頃ではありますが。今、自分にできることを精一杯やるしかないのだと集中モードな板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」49人目のインタビュー、最終エピソード。 大窓から見えるハワイの海と心が弾むような心地いい部屋。そこに足を踏み入れる誰もが笑顔になるようにコーディネートされた「住」の空間。”インテリアデザイナー”というかっこいい響きの裏側にある、仕事人の地道な努力と情熱を感じる美和さんの素敵なものがたり。 「友人や家族と食卓を囲むこと」きっとこれは昔から変わらず普遍的な幸せの一つの形なんでしょうね。その大切な時間や空間を彩るインテリアデザインというお仕事。もう一歩日々の暮らしが愛おしく思えてくる、美和さんの素敵なものがたりでした。
エピソード

Vol.195: 山室美和(代表 / インテリアデザイナー) 3/4

バレンタインデーはいかがでしたか?昔の甘酸っぱい思い出に浸る暇もないほどに何だか忙しく時間に追われて仕事をしながらも、週末の波チェックしてワクワクしている板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」前回に引き続き、49人目のインタビュー。 大窓から見えるハワイの海と心が弾むような心地いい部屋。そこに足を踏み入れる誰もが笑顔になるようにコーディネートされた「住」の空間。”インテリアデザイナー”というかっこいい響きの裏側にある、仕事人の地道な努力と情熱を感じる美和さんの素敵なものがたり。 ハリウッドセレブリティーの邸宅のインテリアデザイン!なんとも夢のようなお仕事の裏話。美的感覚を常に磨き研ぎ澄ますための行動。そして、ずっと美和さんをひっぱり続けている最強の原動力「好き!」を感じられるエピソード。
エピソード

Vol.194: 山室美和(代表 / インテリアデザイナー) 2/4

もう夏が来た!?(28℃)今週末のスーパーボールもあって熱気ムンムンなここロサンゼルス。良い波も来てるし仕事に集中するのがとっても大変な板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」前回に引き続き、49人目のインタビュー。 大窓から見えるハワイの海と心が弾むような心地いい部屋。そこに足を踏み入れる誰もが笑顔になるようにコーディネートされた「住」の空間。”インテリアデザイナー”というかっこいい響きの裏側にある、仕事人の地道な努力と情熱を感じる美和さんの素敵なものがたり。 「夢はインテリアデザイナーになること!」を本当に叶えちゃうのは才能?努力?行動力?度胸?それぞれの人が持っているものは違えど、夢はきっと叶うんだと思わせてくれるエピソード。自分の「好き」を信じよう。
エピソード

Vol.193: 山室美和(代表 / インテリアデザイナー) 1/4

決算やタックスリターンやらなきゃ〜と時間に追われているアメリカ在住の経営者やビジネスマンも多いこの時期。明日やろうはバカヤローを体感している板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」49人目のインタビュー、最初のエピソード。 大窓から見えるハワイの海と心が弾むような心地いい部屋。そこに足を踏み入れる誰もが笑顔になるようにコーディネートされた「住」の空間。”インテリアデザイナー”というかっこいい響きの裏側にある、仕事人の地道な努力と情熱を感じる美和さんの素敵なものがたり。 食べる、寝る、働く時も、旅行する時も。暮らしの中の大部分において快適さや幸せを感じさせてくれる要因ってやはりその空間。いや〜、聞けば聞くほど奥深いというか色んなことを考え見直したくなる「住」のお話。
エピソード

Vol.192: 前田伸二(NPO エアロジパングプロジェクト代表) 4/4

毎月1回やってるインターン生へのインタビュー。若い人たちと話をする機会ってあんまりなくなってしまったのでとても貴重で楽しいなぁと思う板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」48人目のインタビュー、最終エピソード。 ”世界史上139人目の地球一周単独飛行を成功させた片目のパイロット” 北海道の大自然の中で育った少年の夢はパイロットになること。そして18歳にして訪れた絶望。アメリカに渡り本当の自分や真実と向き合い、不可能を可能に変えたからこその深い眼差しと笑顔。そんな前田さんの希望と勇気をもらえる渾身の情熱ものがたりです。 お父さんのトラクターの中で聞いた思い出のトランペットの音色。夕焼け空のなんとも言えない暖かさと切なく尊い気持ち。人生って、幸せってきっとそんなものかも知れません。必死で考え抜き「自分が何者かを知ること」、熱いメッセージに満ちた最終エピソードです。
エピソード

Vol.191: 前田伸二(NPO エアロジパングプロジェクト代表) 3/4

毎日書いてる個人的なブログに嬉しいコメントが付いていて朝からハッピーな気分の金曜日。何はともあれ発信ってやっぱ大事だなと思う板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」前回に引き続き、48人目のインタビュー。 ”世界史上139人目の地球一周単独飛行を成功させた片目のパイロット” 北海道の大自然の中で育った少年の夢はパイロットになること。そして18歳にして訪れた絶望。アメリカに渡り本当の自分や真実と向き合い、不可能を可能に変えたからこその深い眼差しと笑顔。そんな前田さんの希望と勇気をもらえる渾身の情熱ものがたりです。 「パイロットになれる!」きっとその時のワクワク感って半端ないものだったはず。ずっと無理だと思ってたこと、思わされていたこと。”正しい情報を持っていない不幸” という深く考えさせられる言葉。ご両親や奥様と子供たちへの想い、お互いの家族愛が伝わる温かいエピソードです。
エピソード

Vol.190: 前田伸二(NPO エアロジパングプロジェクト代表) 2/4

昨日は日本時間の1月14日、Japan Podcast Awards 2021のノミネート作品発表の日でしたが残念ながら選出ならず、、、でも心機一転!燃えている板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」前回に引き続き、48人目のインタビュー。 ”世界史上139人目の地球一周単独飛行を成功させた片目のパイロット” 北海道の大自然の中で育った少年の夢はパイロットになること。そして18歳にして訪れた絶望。アメリカに渡り本当の自分や真実と向き合い、不可能を可能に変えたからこその深い眼差しと笑顔。そんな前田さんの希望と勇気をもらえる渾身の情熱ものがたりです。 死ぬくらいなら「日本の外に出て世界を見てこい」と言ってくれた恩師。そして「アメリカしかない」と思わせてくれた出来事。人生の要所要所で救いの言葉や出会いってきっとあるんですよね!今回も感動エピソード盛りだくさんです。
エピソード

Vol.189: 前田伸二(NPO エアロジパングプロジェクト代表) 1/4

明けましておめでとうございます!皆様、どんなお正月を過ごされましたか?日本は各地で大雪?風邪ひかぬよう!と防寒対策してもガレージが寒過ぎる板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」48人目のインタビュー、最初のエピソード。 ”世界史上139人目の地球一周単独飛行を成功させた片目のパイロット” 北海道の大自然の中で育った少年の夢はパイロットになること。そして18歳にして訪れた絶望。アメリカに渡り本当の自分や真実と向き合い、不可能を可能に変えたからこその深い眼差しと笑顔。そんな前田さんの希望と勇気をもらえる渾身の情熱ものがたりです。 間違った情報や固定概念、偏見などに囚われていませんか?大きな問いに体を張って真っ直ぐに立ち向かい、周りの人に勇気を与える前田さん。まずは現在の活動のお話。きっとあなたも”空を翔べるんだ” と思えるはず。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました