アメリカの返品文化に新風

アシスタントのさおりです。
Vol.135のリアルアメリカ情報でお届けした内容を紹介します。

アメリカは返品が普通

  • 日本にいた時には考えられないほど、返品します。でもそれが文化
  • 特にオンラインの場合は直接ものを見れないので、洋服は3つくらいのサイズを購入し合うものだけをキープ、あとは返品すればOK
  • 特にコロナでは試着ができないため、ひとまず購入して返品するという人が増えました
  • ただ、毎回クレジットカードで引き落とされてまた返金がくるという作業がお店側にも消費者側にもひと手間です

返品用の新しいサービス

そこで登場したのがこのサービス

https://www.klarna.com/us

https://www.afterpay.com/index

  • 上記2つが有名なサービス
  • 「取り敢えず買って、後で払おう」という時代
  • 例えば、30日以内に返品することになった場合は、結局金銭の取引がないので非常に楽
  • ただ、審査がとても厳しいので実際にサービスを受けられる人は少ない!?

以上、リアルアメリカ情報でした。
さおり