スーパーボール

スーパーボールのハーフタイムショー

アシスタントのさおりです。
Vol.103のリアルアメリカ情報でお届けした内容を紹介しますSuper。

スーパーボール

スーパーボールのハーフタイムショーとは

前半と後半の間に行われるハーフタイムショーに代表されるエンターテインメントも有名であり、特に1993年のマイケル・ジャクソン以降は、毎回有名歌手等によるミニコンサートが開催されるほか、試合前の国歌独唱にも多くの有名歌手が起用されている。2005年のハーフタイムショーを任されたポール・マッカートニーが「スーパーボウルでライブを頼まれるほど名誉なことはない。」と声明を発表するなど[16]、世界的アーティストにとっても非常に権威のある舞台となっている。

ハーフタイムショーに関しては、「ハーフタイムに視聴者が一斉にトイレを使うことで上下水道に一気に負荷がかかり、水道管破裂等の問題が起きるのを防ぐために行われている」という都市伝説まで存在する[18]。「1984年にソルトレイクシティで実際に水道管が破裂した」と具体的に都市名まで挙げられることもあるが、水道管が破裂したのは事実なものの、スーパーボウルと水道管破裂の間に因果関係はないという[19]。ただ2007年にはマイアミ市で、市当局が住民にハーフタイム中のトイレの使用を控えるよう呼びかけた事例も起きており[20]、一部の都市では実際にリスクを抱えている。

ウィキペディア

2020年のスーパーボール

以上、リアルアメリカ情報でした。
さおり