アメリカと日本の単位の違い

アシスタントの沙織です。
Vol.54のリアルアメリカ情報でお届けした内容を紹介します。
Scale

アメリカで一番戸惑ったので、はかり方の単位が日本と異なること!

免許を初めて作った時、身長と体重を聞かれるのですが”You are like… 5.2?”とから言われて、え5?という謎の単位(笑)
そうなんです、アメリカと日本ではものの単位がかなり違います。


■長さの単位
身長は cm ではなく feet を使います。
162cm の私は 5.3 フィート
1ft = 30.48cm

例えば小さいものはinch
1inch = 2.54cm

そして距離で使用するのは、mile(マイル)です。
というのも車を運転する時に利用するカーナビはマイル表示です。
1ml = 1.6km
Kmに慣れていると、マイルで言われても想像がつかないですよね。


■重さの単位

車関係でいうと、ガソリンの単位もリッターではなく、ガロンです。
なのでガソリンスタンドでは、1ガロンいくらと計算します。
1ガロン = 3.78リットル

祖父に「アメリカのガソリンはリッターいくらだ?」と聞かれるのですが、
1ガロン 3 ドル だから・・・と、
ガロンをリッターに直し、ドルを日本円に変換するので非常に大変です。


■温度の単位

また、天気予報も混乱します。
「今日は85度で非常に暖かいですね!」
アメリカは華氏(F)で表示するのに対し、日本は摂氏(C)表示だからです。
0C = 32F
なので、85F は 27C なんです。

単位はなかなかなれないものですよね。
私も携帯のアプリでいつも計算しております。笑

以上、リアルアメリカ情報でした。
さおり

コメントを残す